リラックスした状態は自覚しにくい

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

リラックスした状態は自覚しにくい

リラックスした状態は自覚しにくいのイメージ

不眠や不眠症を解消するには、心身ともに自らをリラックスさせることが一番です。しかし、このリラックスさせるということが実際にはなかなか難しいといわれています。そもそもリラックスした状態を自覚しづらいのが実情だからです。 人間は通常、緊張状態になると、体に力が入るものですが、外から見ればよくわかっても自分ではなかなか気づくことができません。さらに精神面になると、継続的に大きなストレスがかかっていても本人にその自覚がないということも多々あります。要するに、大きなストレスを抱えていても、自分では気づかないことがとても多いようです。 例えば、就寝前に十分リラックスできれば脳や体は覚醒から睡眠にうまく移行します。一方、自分ではリラックスできていると思っていても実際は緊張状態にあることが多いのも事実です。 これによって、寝つきが悪かったり、不眠や不眠症になったりします。寝つきの悪さや不眠などを解消するには、就寝前に頭や体をリラックスさせることがとても効果的です。その方法として、例えば、呼吸法やゆったりとした入浴をはじめ、軽めの読書、軽い運動、アロマテラピーなどが挙げられます。さらに、ゆったりとした音楽を聴くことも効果があるといわれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

なかなか寝付けない原因

不眠に効果があるセラピー音楽

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ