なかなか寝付けない原因

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

なかなか寝付けない原因

なかなか寝付けない原因のイメージ

いろいろな方法を試してみてはいるものの、なかなか寝付けなくて不眠になり、さらに不眠症にいたってしまうケースがたまに見られます。 そもそも、どうしてなかなか寝付けない状態になってしまうのでしょうか。人間は、日中、さまざまな事柄によってストレスを受けます。そして、ストレスを受けると緊張したり興奮したりして、脳にとって強い覚醒刺激となってしまいます。 そのため、夜寝る前に緊張や興奮が残っていたり不安や心配ごとがあったりすると、なかなか眠りにつくことができなくなってしまいます。 例を上げると、仕事や勉強などで心身の緊張状態をゆるめることができない、不安や悩みがあって頭から離れない、翌日の仕事などに意識が向いて頭の切り替えができない、何かに腹が立ったりイライラしたりした状態、すごく興奮したり、といったことです。 不眠や不眠症にはさまざまな原因があります。その大半は就寝前にリラックスできていないことが原因で、寝付きが悪くなり、眠れなくなります。ストレスがあって体をリラックスさせることができず、その結果、脳や体が覚醒から睡眠に移行できないのです。 一方、就寝前、心身ともにリラックスできればうまく眠りにつくことができるようになります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠外来、不眠症外来の病院・クリニック

リラックスした状態は自覚しにくい

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ