不眠症を「アロマテラピー」で防ぐ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症を「アロマテラピー」で防ぐ

不眠症を「アロマテラピー」で防ぐのイメージ

不眠や不眠症にならないためのグッズ、その1つが「アロマテラピー」です。そもそも、人間の脳は“臭覚”によって感情をつかさどる部分が大きな影響を受けるといわれ、この性質を利用する、ある種の匂いをかぐことで緊張や興奮を鎮めることができます。そして、心がゆったりと落ち着くと、不眠が解消するわけです。 例えば、芳香剤などでよく使われているラベンダーの香りは、人間の脳に働きかけて脳内をα波状態、ゆったりとして落ち着いた状態にするといわれています。 そして、こういった働きを香りのいいハーブの製油で行うのがアロマテラピーです。 精神的にリラックスするといわれている種類を上げると「ラベンダー」、「マジョラム」、「ベルガモット」、「カモミール」などです。 アロマテラピーは、水に数滴製油を垂らして専用のウォーマーで温めるだけでOK。これを寝室に置くと部屋中に香りが広がって、心がゆったり落ち着き、さらには不眠、そして不眠症の解消につながります。 ちなみに、アロマテラピーには電気式のものもあります。一方、ウォーマーを使わなくてもコップやグラスにお湯を入れてアロマオイルを垂らせば、香りが部屋中に広がって効果的です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を解消する「ハーブ」の種類

不眠に効く「つぼ」の位置(その1)

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ