不眠を解消する「ハーブ」の種類

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を解消する「ハーブ」の種類

不眠を解消する「ハーブ」の種類のイメージ

不眠がひどくなって不眠症になる前に、自分でできる不眠の解消法がいくつかあります。その1つが、気持ちを落ち着かせる作用のある「ハーブ」です。特に、不眠に効果があるといわれるハーブの種類を紹介します。 まず「カモミール・ジャーマン」です。「大地のりんご」という意味のギリシャ語が由来で、りんごのような甘い香りがします。とてもリラックスできるハーブとして知られていて、夜、眠れない時にミルクティーとして飲むのがおすすめ。また入浴剤、化粧水、石けんにも使えます。 そして「ラベンダー」は、香りがいい人気のハーブです。精神的なストレスを和らげて緊張をほぐします。また、「リンデン」は、ベビーティーやナイトティーとも呼ばれ、ほんのり甘くやさしい香りで後味スッキリ。リンデンティーは、気分が落ち着かず、緊張して眠れない時の緊張緩和作用がおすすめで、入浴剤としても利用できます。 「バレリアン」は別名“神様の睡眠薬”。ストレスや疲労などで夜寝つきが悪かったり、ぐっすり眠れなかったりした時に効果的です。ドイツ、ベルギー、フランスの薬局では医療用ハーブとして公式に認定されています。 さらに「パッションフラワー」も人気で、鎮静効果があるといわれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

「反跳性不眠」って?

不眠症を「アロマテラピー」で防ぐ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ