「反跳性不眠」って?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

「反跳性不眠」って?

「反跳性不眠」って?のイメージ

不眠症の種類の1つに「反跳性不眠」というものがあります。これは、常用している睡眠薬の量を急に減らしたり中断したりすると睡眠薬の服用前より強い不眠が出現するケースです。 最近の睡眠薬は以前よりも安全性が高くなり、医師の指示に従っている限り、危険性はないといわれています。しかし、睡眠薬を服用する場合、不眠の症状が十分改善された場合には、いたずらに睡眠薬を服用し続けず、量を減らしたり、中断したりすることも大事です。 一方、常用する睡眠薬の量を急に減らしたり中断したりすると、睡眠薬の服用前よりも強い不眠が出現することがまれにあって、このような不眠のことを「反跳性不眠」といいます。特に、作用時間の短い睡眠薬ほど起こりやすいといわれています。 例えば、脳障害のある患者さんだと、不眠の症状が重くなるだけでなく、不安感・焦燥・振戦をはじめ、過度の発汗、せん妄、痙攣など「退薬症候」が生じることもあります。ので、不眠の症状が軽くなって自らの判断で睡眠薬を減量、あるいは中止してはいけません。担当の医師に必ず相談して指示を守ることが必要です。 基本的には、少しずつ減らしていく、漸減法を行っていくようになります。

あわせてよみたい不眠症の知識

「薬原性不眠」について

不眠を解消する「ハーブ」の種類

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ