「薬原性不眠」について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

「薬原性不眠」について

「薬原性不眠」についてのイメージ

不眠から不眠症になってしまう、その原因は一概には言えず、さまざまです。今回、紹介するケースは、普段飲んでいる薬が原因で、不眠を引き起こすものです。この不眠は一般的に「薬原性不眠」と呼ばれています。 薬原性不眠は、本人が飲んでいる薬によって、不眠の発現率が大きく違うのが特徴です。例えば、ステロイド製剤やインターフェロン製剤だと、不眠で高い発現率があるといわれています。 そして、過眠症の治療のために使用される薬によって、夜間に不眠になってしまうこともあります。ただし、過眠症の薬だと、その薬が持つ本来の働きによるものなので「薬原性不眠だな」と自分で気づくのは簡単です。 一方、自分でなかなか薬原性不眠に気づかないケースがもあります。例を上げると、身体疾患の治療に用いられる薬剤の副作用による不眠です。しかも、それにまったく気づかないまま、睡眠薬が処方されてしまうこともあるので気をつけないと行けません。 薬原性不眠にならないためには、自分が今、飲んでいる薬にはいったいどのような副作用があるのかを、自分の担当医師にしっかり聞いて把握しておくことです。医師に任せきりでその薬を信じ込んで服用してはいけません。

あわせてよみたい不眠症の知識

不適切な睡眠衛生を改善する方法

「反跳性不眠」って?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ