不適切な睡眠衛生を改善する方法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不適切な睡眠衛生を改善する方法

不適切な睡眠衛生を改善する方法のイメージ

先にあげた不適切な睡眠衛生の例を見ると、自分で改善できるものも多々あるのに気づいたと思います。 不適切な睡眠衛生の要因によって、まず一過性の不眠という状態が生じます。そして、この状態によって、日中に倦怠感が出たり、強い眠気を感じたり、集中力や意欲の低下などが起きたりします。さらに、これらの状態で気に病んでしまい、眠りに対する不安や心配が生じて、ついに長期的な不眠症に至ってしまうわけです。 一方、一過性の不眠が起こった場合、昼寝を長くしたり、早寝・遅起きでなんとか解消したりしようと思いがちです。しかし、短期的に見ると、たしかに睡眠不足を補うことになっても、結局のところ、自分の睡眠リズムを狂わせてしまって、ついに「入眠障害」などのまさに不眠症で見られる症状の要因になりかねません。 不適切な睡眠衛生による不眠症を改善するためにどうすればよいか。まずは、自分の普段の生活を見直すことが先決。自分で自分の生活をコントロールする努力が求められるでしょう。 そもそも、不適切な睡眠衛生による不眠症は、自分自身の行動が原因です。そのため結局、自分でなんとかするしか改善策はないともいえます。

あわせてよみたい不眠症の知識

不適切な睡眠衛生の例

「薬原性不眠」について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ