不適切な睡眠衛生の例

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不適切な睡眠衛生の例

不適切な睡眠衛生の例のイメージ

不眠症は、生まれつきの持病のケースもありますが、ほとんどが日常生活における不適切な行動によって引き起こされているといっても過言ではないです。 この不適切な睡眠衛生とは、いったいどういったケースなのかをご紹介します。 例えば、日常生活が不規則で就寝・起床時刻が毎日異なる、ばらついている状態のことをさします。また、昼寝を長く取り過ぎてもいけません。 そして、眠気覚ましに思わずコーヒーや紅茶などの覚醒作用のあるカフェインを含んだ飲み物をたくさん摂取することがありますが、これもNG。しかも、カフェインなどを摂り過ぎるとトイレに行く回数も増え、体の冷えを増長させてしまいます。 また、運動不足もいけませんので、毎日、適度に体を動かすことが必要。そして、過度の飲酒や喫煙などももってのほかです。特に喫煙は、過度でなくても睡眠以外に体に障害をもたらす恐れがあります。 一方、就寝前にテレビを見たり、パソコン作業をしたりすると、神経が高ぶってしまうので、極力、触らないこと。 さらに、睡眠環境はとても大事です。寝心地の悪い寝装や寝具で寝ると、いくら早くふとんに入っても意味がありません。また、睡眠環境が暑すぎる、寒すぎる、明るすぎる、騒がしいなどといった不快な場所で寝ても熟睡できないでしょう。就寝後にあれこれ物思いにひたったり、夜更かししたりもいけません。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の種類は様々

不適切な睡眠衛生を改善する方法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ