光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣のイメージ

人間にとって、光の効果は、体内時計を24時間に調節する働きがあります。なぜなら、体内時計の周期は24時間より長めにできているからです。この長めの体内時計を毎日早めないと、生活が後ろにずれ込んでしまいます。例えば、朝の光は後ろにずれる時計を早める作用があります。そのため、起きた直後の光が最も効果的。起きたらまずカーテンを開けて自然光を部屋の中に取り込みましょう。 昼間の光も、昼と夜のメリハリを付けるのに効果があります。昼間に明るい光を浴びると、夜に分泌されるホルモン、メラトニンが増えるからです。 一方、夜の光は禁物。朝の光とは逆に、体内時計を遅らせる力があって夜が更けるほどその力は強くなるといわれています。例えば、家庭の照明でも照度100~200ルクスあるので、長時間浴びると体内時計が遅れてしまいます。 そして結果的に「睡眠相後退症候群」と呼ばれる不眠症の病気になってしまうことも。この病気は、毎日、明け方まで眠ることができずに昼にならないと起きられない病気です。この病気になってしまうと、朝の光を効率よく浴びることができず、夜の光をたくさん山浴びることで発症します。治療するには、高照度光療法という、明るい蛍光灯の光を朝に数時間浴びて生体リズムを戻す方法もあるそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

入浴も快眠のポイント

眠れなくなると

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ