入浴も快眠のポイント

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

入浴も快眠のポイント

入浴も快眠のポイントのイメージ

睡眠と入浴は大いに関係があります。なぜかというと、入浴することでの睡眠への効果は、入浴の加温効果がポイントだからです。 この加温効果は、運動の場合と同じ。就寝前に体温を一時的に上げることがポイントですので、入浴のタイミングが重要です。 例えば、午前あるいは午後の早い時間に入浴しても、快眠への効果がありません。一方で、夕方あるいは夜の入浴が快眠には最も効果的といわれています。 もし深い睡眠を取りたいのならば、就寝直前の入浴が良いとされています。ただ、寝付きを悪くしてしまうケースもあるようで注意が必要。もし、寝付きを優先させるとなると、就寝する2~3時間前の入浴が理想的です。 また、深い睡眠を得るには、熱めの湯温で体温を2度ほど上げるのが効果のある方法という説もあります。しかしこれは、身体への負担が大きくなるので、あまりおすすめできません。 一方で、体温の上昇が 0.5度くらいであっても、寝付きへの効果が認められています。例えば、38度のぬるめのお湯で25~30分、42度の熱めのお湯なら5分程度とのこと。 さらに、半身浴でも寝付きへの効果があります。 快眠も寝付きも個人差があります。自分の体調、好みにあった入浴方法を選ぶのが最も大事です。不眠症にならないために、入浴も工夫してみましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならないための運動と快眠

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ