不眠症にならないための運動と快眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならないための運動と快眠

不眠症にならないための運動と快眠のイメージ

睡眠と運動との関係はとても強いです。もし、ほぼ毎日しっかりとした運動習慣がある人の場合、不眠症になる人は少ないでしょう。 そして、睡眠を維持するのに、習慣的な運動はとても効果があります。もちろん、運動の内容にも睡眠は影響します。 例えば、1回限りの運動では快眠への効果が弱いといわれています。ので、運動を習慣的に続けることが大事。習慣づけた運動の効果としては、寝付きがよくなるのが1つ、そして深い睡眠が得られるようになるといわれています。特に、中高年になると不眠症になる人が増えますが、これらの年代の人々にも運動習慣は快眠に効果大なのだそうです。 ただし、激しい運動は逆効果。身体への負担が少なく、しかも長続きするような有酸素運動、例えば、ウォーキングなどがおすすめです。 また、運動のタイミングも大事です。とても効果的なのは夕方から夜にかけての運動です。さらに、就寝の数時間前に運動することで、脳の温度を一過性に上げてやることもポイント。これらを実践すると、床にはいるときの脳温の低下量が、運動しない時に比べて大きくなるそうです。ただし、就寝直前の運動は体を興奮させてしまうので厳禁。 睡眠は、脳の温度が低下する時に出現しやすくなるといわれています。ので、結果として快眠が得られやすいわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

快眠と生活習慣の関係

入浴も快眠のポイント

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ