ベッドマットと敷き布団の選び方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベッドマットと敷き布団の選び方

ベッドマットと敷き布団の選び方のイメージ

さまざまな寝具の中で、ベッドマット・敷き布団はというと、適度に硬いものを選んだ方がよい、というのが快眠するための1つのテクニックです。 なぜなら、人間の姿勢に注目すると、後頭部から首と胸にかけて、そして胸から腰にかけて、背骨が2つのS字カーブを描くようになっています。そして、自然な立ち姿勢の時の腰部S字カーブのすき間は4~6cm。一方、寝た時の姿勢で最も体への負担が少ないといわれるすき間が2~3cmです。 もし、ベッドマットや敷き布団がやわらかすぎると、腰部と胸部が深く沈みこんでしまって、さらにS字カーブのすき間が大きくなるので、ただ眠りにくくなるだけにとどまらず、腰痛になってしまう原因にもなりかねません。逆に、ベットマットや敷き布団が硬すぎると、骨が当たって痛みを生じ、血流が妨げられるなどして熟睡できなくなってしまいます。 以上のことから、ベッドマットや敷き布団を選ぶ際、適度な硬さが必要になることがわかるはず。2つのS字カーブをバランスよく支える、寝ている時に楽な寝相を保ちやすい寝具が最適といえます。 不眠症にならないために、枕と同様に自分に合ったベットマット敷き布団を選ぶのも重要です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならないための枕の高さ

寝具選びで掛け布団も大事

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ