不眠症にならないための枕の高さ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならないための枕の高さ

不眠症にならないための枕の高さのイメージ

不眠症にならないためには、快眠するための寝具選びが大切です。その寝具の中でも今回、「枕」に注目してみましょう。 もし、朝に目覚めた時、首や肩がこっていたら、枕が合っていない可能性があります。 枕の役割とは、ベッドマットや敷き布団と後頭部から首にかけてのすき間を埋めて、立ち姿勢に近い自然な体勢を保つことです。このすき間は実際、個人差がかなり大きいです。ので、自分にピッタリの枕も人それぞれ異なります。自分の体型に合う枕の高さを知っておき、安定感のある枕を選ぶことが肝心です。 このすき間、ベッドマットや敷き布団と首の角度が約5度になるのが理想的です。頸部のすき間の深さは人によって1~6cmと異なります。この深さに合った高さの枕を選ぶと、首や肩への負担が少なくなり、眠りやすくなります。 一方、頸部のすき間の深さに合わない枕、高すぎたり低すぎたりする枕だと、首や肩、胸の筋肉に負担がかかって呼吸がしにくくなり、さらに寝心地が悪くなってしまいます。ので、呼吸しやすく、頭部をしっかり支える弾性のある、発汗に備えて吸湿性・放湿性のよい素材を選ぶことが大事。また、寝返りをして横向きになった時、肩先から側頭部全体を支えるだけの奥行きも必要なので頭に入れておきましょう。 もし不眠症になってしまったら、枕を見直すことも1つの手段かもしれません。

あわせてよみたい不眠症の知識

よく眠る寝具の条件

ベッドマットと敷き布団の選び方

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ