よく眠る寝具の条件

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

よく眠る寝具の条件

よく眠る寝具の条件のイメージ

しっかりよく眠るためには、寝具の選び方が重要です。その選び方にはいくつかの条件があげられます。不眠症にならないために、寝具選びは重要項目です。 まず、寝具には寝ている時の保温とよりよい寝相、要するに、立ち姿勢に近いことが1つです。そして、体への負担が少ない姿勢を保つのと、この2つの大きな役割があります。 人間の体は、体内時計の働きから、眠ると体温が下がります。でもこれは、深い眠りを保つために体内から熱を出すためで、発汗が起こっているからです。ので、寝具ではこの点が重要で、吸湿性と放湿性がよくて、保温性のいいことがまず条件としてあげられるでしょう。 特に、冬場のような寒い季節は、寝床内環境がとても重要です。例えば、あらかじめ毛布などを使って寝具の中を温めておくと、いざ寝る時に寝つきがよくはるでしょう。一方で、もし寝具が冷えていたら、体温の放熱を抑えるために不自然な寝相になってしまうことも。 また、寒さが厳しい時、湯たんぽや電気毛布などを使い、就寝前に寝床の中を温めておくと眠りにつきやすくなるはず。 もちろん個人差や季節によって差があります。ただし、目安としては、寝床内の温度は33℃、湿度は50%の状態が最適といわれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

快眠するためのテクニックとは

不眠症にならないための枕の高さ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ