ノンレム睡眠とレム睡眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ノンレム睡眠とレム睡眠

ノンレム睡眠とレム睡眠のイメージ

人間は睡眠している時、脳全体がずっと休んでいる状態とは限りません。実は、眠っている間ですら、脳はさまざまな活動を行っています。不眠症にならないための知恵として覚えておきましょう。 一般的に、人間の睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠(REM sleep)という2つの睡眠状態で構成されています。 まず、レム睡眠は眠っている時に眼球が素早く動くのが英語で“Rapid Eye Movement”というのでその頭文字を取って名づけられたのです。一方、ノンレム睡眠はというと脳波活動が低下して睡眠の深さによってさらに4段階に分けられます。 ごく一般的な成人の場合、睡眠はまず、深いノンレム睡眠(段階3と4)から始まります。そして、睡眠欲求が低下する朝方に向けてだんだん浅いノンレム睡眠(段階1と2)が増えていきます。この間、約90分周期でレム睡眠が繰り返し出現する仕組みで、さらに睡眠後半に向けて徐々に1回ごとのレム睡眠時間が増加していくわけです。 深いノンレム睡眠は、大脳皮質が発達した高等生物でよく出現します。昼間に酷使した大脳皮質を睡眠前半で集中的に冷却して休養を取らせるわけです。またレム睡眠は、全身の筋肉が弛緩してエネルギーを節約しつつ身体を休めます。レム睡眠時の脳波活動が活発だと夢をよく見ます。ノンレム睡眠とレム睡眠を把握することで不眠症の防止にもつながるかもしれません。

あわせてよみたい不眠症の知識

動物ごとに異なる睡眠の長さ

快眠するためのテクニックとは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ