睡眠を維持する生体機能

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠を維持する生体機能

睡眠を維持する生体機能のイメージ

睡眠と覚醒を調節するために、体内時計は生体機能をフル回転させます。 例えば、人間が最もよく活動する日中は脳の温度を高く保ちます。一方、夜間は熱放散といって、体から熱を逃がして脳を冷やします。これによって、就床前の眠気が強くなる時間帯は、脳が急速に冷える時間でもあります。 また同じ頃に、体内時計のホルモンにあたるメラトニンが分泌を始めることで、入眠をうながします。ほかにも、さまざまな生体機能が協調しあって、質の高い眠り、健やかな睡眠をするために作用していきます。 そして朝方になると、今度は覚醒作用を持つ副腎皮質ホルモンの分泌が始まります。そして、脳の温度も自然と高くなっていきます。 以上のような準備状態が整うことで、人間は健やかな目覚めを迎えることができるのです。 ただ、メラトニンは睡眠を促進する作用を持ってはいますが、明るい光の下だと分泌が止まります。ので、メラトニン分泌を妨げないよう、消灯をした暗い部屋で休むことが睡眠をサポートする生理機能を最大限引き出すことにつながります。 夜中にパソコンやゲーム、明るい部屋にいると、メラトニンの持つ安眠への機能に悪影響を及ぼして、結果的に不眠症にいたることもあります。不眠症にならないために、これらの生体機能を知っておいて損はありません。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠欲求と覚醒力

動物ごとに異なる睡眠の長さ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ