睡眠欲求と覚醒力

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠欲求と覚醒力

睡眠欲求と覚醒力のイメージ

人間が睡眠する、眠気を感じるのには、大きく分けて2つのシステムに形成されています。不眠症を治すキーワードが隠されているかもしれません。 まず1つが、覚醒中、いわゆる起きている状態の時に疲労蓄積による睡眠欲求です。この睡眠欲求は、目覚めている時間が長いほど強くなっていきます。例えば、徹夜で長時間起きていると普段寝付きにくい時間であってもすぐ深い眠りに入ることができます。 そして、いったん眠りに入ると、この睡眠欲求は急速に減少していきます。十分な時間、たっぷりと眠ると睡眠欲求は消えていき、人間は覚醒する、目覚めるわけです。 もう1つが、覚醒力です。この覚醒力は体内時計から発信されています。1日の決まった時刻に増大する携行があって、睡眠欲求に打ち勝つことで人間を目覚めさせるわけです。 通常、就床時刻の数時間前に最も覚醒力が強くなっていき、その後メラトニンが分泌される頃、就床時刻の1~2時間前に急速に覚醒力が低下していくといわれます。例えば、夕食の後に団らんする時にすっきり目覚めていたとしても、就床時刻の頃にさしかかると急に眠気を感じるようになるはず。 ただ、もし覚醒力がなかったなら、睡眠欲求がだんだん強まっていき、日中の後半には眠気との戦いで仕事やプライベートにおいて集中力の低下を引き起こすことも。不眠症にならないためのヒントにもなるかもしれません。

あわせてよみたい不眠症の知識

眠りのメカニズムとは

睡眠を維持する生体機能

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ