眠りのメカニズムとは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

眠りのメカニズムとは

眠りのメカニズムとはのイメージ

人間は、毎日ほぼ同じ時刻に眠って、同じ時刻に目が覚めるメカニズムになっています。平均的な理想となる睡眠時間は7~8時間です。ただし、理想の睡眠時間は人によって異なります。 規則正しい眠り、睡眠のリズムは、疲労による睡眠欲求と体内時計に指示された覚醒力によるバランスで形成されているといわれています。質の高い、健やかな睡眠を維持するために、たとえ夜中であっても、自律神経やホルモンなどのさまざまな生体機能がフル回転しています。 また、睡眠には一定のサイクルがあります。レム睡眠とノンレム睡眠です。レム睡眠は夢を見ることで知られています。一方、ノンレム睡眠とは大脳を休める睡眠です。 この2つ、レム睡眠とノンレム睡眠が約90分周期で変動するのを繰り返しながら、朝、目覚めるためにだんだん始動する準備を整えていくわけです。 もし、徹夜しているとします。するとだんだん眠気が強くなってきて明け方になると我慢できないほど眠気を感じるはず。でも、そのまま起きていたとしても午後には眠気がやや軽くなります。これが眠りのメカニズムです。毎日決まった時間に眠気を感じて、眠気が覚めていく時間もほぼ決まっています。

あわせてよみたい不眠症の知識

予防医学と不眠症の関係

睡眠欲求と覚醒力

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ