予防医学と不眠症の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

予防医学と不眠症の関係

予防医学と不眠症の関係のイメージ

睡眠問題は万病のもと、といわれています。それほど、睡眠に問題があるとさまざまな精神疾患、身体疾患になることも。これらの病気を防ぐためには、健やかな睡眠と休養を確保することが最も大事です。 特に、睡眠障害は多くの精神疾患で最もよく認められる症状の1つ。しかも、単なる合併症ではありません。例えば、うつ病だと、他の症状よりもまず不眠が出現することが多く見られます。そのため、不眠はうつ病の発症や再発を予見する症状として注目されています。 また、不眠が長期にわたって続くと、うつ病になりやすくなります。近年、不眠を指標にしたうつ病の早期発見を試みる動きが全国各地で行われています。 さらに、睡眠障害は生活習慣病をはじめ、いろいろな身体疾患を増悪させます。 例えば、睡眠時無呼吸症候群。これは「メタボ」で知られるメタボリックシンドロームにしばしば合併して高血圧、高脂血症、耐糖能異常(糖尿病)、高尿酸血症、逆流性食道炎(胸やけ)などを増悪させることがわかっています。 睡眠不足や睡眠障害が原因で、さまざまな生活習慣病が増悪していきます。もし、不眠症になった場合、睡眠薬を使って対処することによってさらに生活習慣病をも改善することが明らかになっています。たかが不眠症、と思わずに健やかな睡眠を大事にしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

夜間に限らない睡眠問題

眠りのメカニズムとは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ