現代人の減り続ける睡眠時間

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

現代人の減り続ける睡眠時間

現代人の減り続ける睡眠時間のイメージ

心身を休養するためには、質の高い眠りは欠かせません。しかし、現代人の睡眠時間はどんどん減り続けています。なぜかというと、交代勤務が増えたり、通勤や受験勉強をこなすために睡眠時間を削ったり、夜型生活が増えたりと、睡眠や体内時計の変調をきたすさまざまな要因があるからです。 平成18年社会生活基本調査の結果によると、日本人の睡眠時間は、平均7時間42分とのこと。しかも過去20年にわたって、睡眠時間は減り続けています。 特に40代、50代といった働き盛りの年代層で睡眠時間が7時間ほどで、休日となる週末に平日よりも約1時間長く眠ることで睡眠不足を補っている携行があるようです。 また、女性の睡眠時間が短くなっています。母親が夜型人間になると、子どもの遅寝、睡眠不足によって、子どもの学習能力や情緒形成などに悪影響を及ぼすことも懸念されています。 睡眠は、仕事、学業、家庭生活を含めて、日常生活を送る上でとても重要なことです。なかなか睡眠時間が確保できないといっても、身体に悪影響になってはいけませんし、不眠症になってしまっては元の子もありません。 不眠症を治す、快眠を保つためのテクニックはさまざまです。日常生活においてできるだけ質の高い睡眠をすることが、身体を健康に保つ秘訣にもなります。

あわせてよみたい不眠症の知識

専門医や睡眠薬は効果あり

健やかな睡眠の意義とは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ