不眠という恐怖の悪循環

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠という恐怖の悪循環

不眠という恐怖の悪循環のイメージ

しばらく眠れない日が続くとします。すると、また今夜も眠れないんじゃないか、と不安になってきます。そして、早く眠らなければ、と焦る。眠ろうと焦るほど、どんどん目が冴えていく。この流れは、不眠症になる人が誰もが共通して経験する不安であり、不眠恐怖ともいわれます。そしてどんどんその悪循環が続いていくのです。 不眠は一過性で終わるはずが慢性化してついに不眠症になる、この不眠恐怖は不眠症の人が抱えている悩みでしょう。不眠が続くと寝床に向かうだけで緊張して、夜が来るのが憂鬱になる人も。 不眠恐怖の悪循環をどうして断ち切ればいいのか。まず、どうせいつか眠くなるから眠くなるまで起きていよう、と割り切ること。逆に、眠れないのに我慢して無理に寝床にいると不眠が悪化する恐れもあります。 常識の範囲内でベッドやふとんで休む時間をあらかじめ決めて、眠れなかったら思い切って寝床から出て、前日の睡眠状態にかからわず、日中なるべく活動的に過ごしてみましょう。 一方、前の晩に眠れなくて仕事に集中できない、眠くてしようがないといった場合、昼休みを利用して昼寝をするのもおすすめ。10分、15分で十分です。短時間でも、脳の疲労をとる効果があるからです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠の対処法 その3

専門医や睡眠薬は効果あり

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ