光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣のイメージ

人間には体内時計がありますので、体内時計をきちんと調節することも睡眠にとっては大切です。 体内時計の周期は24時間では無く、少し長めになっているため、光を浴びるのも体内時計の調節に繋がります。 体内時計の方が長いということは、毎日少しずつ生活が遅れてしまうということになりますので、体内時計を早める必要があります。 そこで効果的なのが光ですが、体内時計を早める効果があると言われているのが朝の光です。 起きてすぐに朝の光を浴びると最も効果的ですので、起きたらすぐにカーテンを開けて光を浴びるようにしたいものですね。 昼と夜の区別をはっきりと付けるために、昼間の光を浴びることも大切です。 メラトニンという夜に分泌されるホルモンが増加するのに昼間の光は効果的ですが、夜の光は睡眠にとって逆効果となってしまいます。 夜の光を浴びてしまうと、体内時計が反対に遅れてしまい、夜中になればなるほど体内時計は遅れてしまいます。 家庭の照明であっても照度は100ルクスから200ルクスほどありますが、照明を長時間浴びることによって体内時計は遅れてしまいますので、眠りにくくなってしまいます。 毎日強い夜の光を浴び続けると、毎日明け方まで眠ることができないという不眠症の病気である「睡眠相後退症候群」になることもあります。 この病気の場合、昼にならないと起きられなくなってしまうため、朝の光を浴びることが出来なくなってしまうのです。 睡眠相後退症候群は高照度光療法という治療法が用いられます。 これは、朝に明るい蛍光灯の光を数時間浴びることによって体内時計を正常にするという効果があります。 治療することはできますが、できれば不眠症にならないように気を付けたいものですよね。

あわせてよみたい不眠症の知識

入浴も快眠のポイント

ズバリ“不眠症”とは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ