入浴も快眠のポイント

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

入浴も快眠のポイント

入浴も快眠のポイントのイメージ

入浴することによって加温効果が得られるため、睡眠にも大きく関わっています。 運動をした場合にも体温が上昇しますので睡眠にとって良い効果が得られますが、入浴も加温効果がありますので、不眠症の予防にも繋がります。 但し、入浴するタイミングが大切であり、一番効果があるのは夕方や夜だと言われています。 午前中や午後でもまだ早い時間に入浴した場合には、残念ながら睡眠には影響しないのです。 就寝直前に入浴すると、より深い睡眠を得ることができますので、深い眠りを望む方は試してみてください。 しかし、就寝直前の入浴は寝つきが悪くなることもありますので、寝つきを良くしたいのであれば就寝する時間の2時間から3時間ほど前にしましょう。 深い睡眠を得たいのであれば、熱めのお風呂に入って体温をおよそ2度上げると良いと言われていますが、身体の負担が大きくなりますので避けた方が良いかもしれませんね。 寝つきについては、体温が0.5度ほどの上昇であっても寝つきが良くなると言われていますし、半身浴もおすすめです。 38度のお風呂の25分から30分、42度の場合では5分程度になりますので、試してみてください。 もちろん寝つきや快眠については個人差があるため、必ずしも効果があると言われている入浴法を守る必要はありません。 自分に合った入浴法を行うことも大切ですから、不眠症を防ぐために入浴法についてもいろいろ試してみてくださいね。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならないための運動と快眠

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ