不眠症にならないための運動と快眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならないための運動と快眠

不眠症にならないための運動と快眠のイメージ

運動は睡眠と深く関係しており、ほとんど毎日運動をしているという人であれば不眠症に悩むことは無いのではないでしょうか。 習慣的に運動するということは快眠に繋がり、どういった運動をするかによっても睡眠の質が異なります。 習慣的に運動することが快眠に繋がるため、一度だけ運動したからと言って快眠を得ることは難しいのです。 ほとんど毎日運動を行うことによって、深い眠りにつくことができますし、寝つきも良くなるのです。 年齢を重ねるにつれて不眠症になる方が増えてきますので、中高年になった時に出来るだけ毎日運動をすることは不眠症に効果的です。 気を付けなければならないのは、運動の内容です。 快眠するためには、ウォーキングなどの有酸素運動が良く、自分が長く続けることができて体への負担が少ない運動にしましょう。 激しい運動は快眠に逆効果となってしまいますので注意してくださいね。 また、できれば夕方から夜の間に運動をした方が良く、就寝する数時間前に運動をすれば脳の温度を上げることができますので快眠に繋がります。 但し、就寝する直前に運動すると体が興奮してしまいますので、避けるようにしましょう。 脳の温度が低くなったときに就寝することができるのですが、運動しない場合と比較すると、寝床に入った時の脳温の低下量大きくなるため、寝つきやすくなります。

あわせてよみたい不眠症の知識

快眠と生活習慣の関係

入浴も快眠のポイント

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ