不眠という恐怖の悪循環

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠という恐怖の悪循環

不眠という恐怖の悪循環のイメージ

不眠の日が続くと、夜になって眠るのが怖くなる方も多いでしょう。 寝床に行くのが嫌になってしまい、自然と寝ることに対して緊張してしまうこともあるのではないでしょうか。 早く眠らなくてはならないという意識とは反対に、目はますます冴えてしまって結局眠れない・・・という毎日は辛いものですよね。 不眠症に陥る人は誰もがこういった思いを経験しているものであり、不眠恐怖とも言われており、悪循環になってしまうのです。 不眠というのは誰もが一度は経験があるのではないかと思いますが、通常であれば一過性で終わりますよね。 しかし、それが終わらずに不眠恐怖に陥ってしまい、慢性化した結果不眠症になってしまうということがあるのです。 では、どうすれば不眠恐怖から逃れることができるのかというと、できるだけ毎日寝る時間を決め、一定にするということです。 最初は眠れない日が続くかもしれませんが、そういった時にはずっと寝床に居るのではなく、寝床から出てみましょう。 日中はなるべく活動するようにすると、体が疲れますので、夜眠れるようになるかもしれません。 また、眠れなかった翌日というのは仕事中に眠くなってしまったり、集中力が低下することもありますよね。 そういったときには、10分や15程度でも良いですから、脳の疲労を少しでも解消させるためにも、昼休みなどを利用して寝るようにしましょう。 眠れないのに長時間寝床にいるとますます眠れなくなってしまいますから、眠くなるまで起きているという割り切りも必要ですね。 なるべく睡眠に対する恐怖をなくすようにしてみてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠の対処法 その3

専門医や睡眠薬は効果あり

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ