寝相と寝返りは寝具選び次第

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

寝相と寝返りは寝具選び次第

寝相と寝返りは寝具選び次第のイメージ

皆さんは自分の寝相が気になるでしょうか。 確かに、寝相が悪いと、冬場に朝起きると布団から全身が出ていて風邪をひいてしまう可能性もあるでしょうし、誰かと旅行に行ったときに迷惑を掛けてしまう、恥ずかしい思いをするといったこともあるかもしれません。 ですから、寝相を良くしたいと思っている方は多いでしょう。 寝相で最も体に力が入らず、楽な状態というのは上向きで寝るという状態のようですから、上向きに寝ている時間が多いのであれば寝心地が良いと言えるようです。 最初は上向きで寝る方も多いでしょうが、寝返りをうっているうちにうつ伏せになったり、右や左を向いているということもあるかと思います。 寝返りをうちたくないと思うかもしれませんが、寝返りというのは体の負担を軽くするために人間が自然と行っているのです。 寝ている間、体の同じ部分が長時間圧迫されると、血液の循環が悪くなってしまいます。 また、寝返りには水分発散や熱の放散を調節する、寝ている間の温度を保つ、体温を調整するといった役割もあります。 眠りやすい体勢で眠っている場合には寝返りする回数も少なくなりますが、反対に柔らかい寝具で眠っていると寝返りの回数は多くなるのです。 また、硬すぎても骨を圧迫してしまうため、寝返りをして体への負担を軽くするのですね。

あわせてよみたい不眠症の知識

寝具選びで掛け布団も大事

快眠と生活習慣の関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ