ベッドマットと敷き布団の選び方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベッドマットと敷き布団の選び方

ベッドマットと敷き布団の選び方のイメージ

快眠するためには寝具選びが大切ですが、たとえば適度な硬さのある敷き布団やベッドマットを選ぶことが大切です。 柔らかすぎてしまうと、胸部や腰部が敷き布団やベッドマットに深く沈んでしまうからです。 人間の姿勢というのは、後頭部から首、胸、腰といった部分にかけて、背骨がカーブを描いています。 ご存知の方も多いと思いますが、背骨はS字カーブになっており、自然に立っている場合には、腰部のS字カーブのすき間が4cmから6cmほどだと言われているのです。 そして、肝心な寝る時ですが、一番体への負担が軽くなるすき間は2cmから3cmだと言われていますので、なるべくすき間を少なくする必要があります。 寝具が柔らかいと、このS字カーブのすき間は大きくなってしまい、その寝具を使い続けていると腰痛になる可能性もあります。 そしてもちろん眠りも浅くなってしまうのです。 反対に寝具が硬すぎる場合には、骨が寝具に当たる為に痛みが生じることにも繋がります。 血流の流れも悪化してしまい、眠りにくくなってしまうのです。 こういったことから、適度な硬さの敷き布団やベッドマットを選ぶことが大切であり、背骨のS字カーブをきちんと支え、最も楽な寝相を保つことができるものを選ぶ必要がありますね。 枕ももちろん大切ですが、敷き布団やベッドマット選びも気を付けてみてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならないための枕の高さ

寝具選びで掛け布団も大事

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ