不眠症にならないための枕の高さ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならないための枕の高さ

不眠症にならないための枕の高さのイメージ

不眠症を防ぐため、また改善するためにはいくつかの方法がありますが、その一つに寝具選びがあります。 寝具と言っても枕や布団、ベッドマットがあるかと思いますが、今回は枕の選び方をご紹介しましょう。 枕が自分に合っていないと、目が覚めた時に肩や首に凝りが発生しますので、もし起きた時に凝りを感じるのであれば枕が合っていないかもしれません。 寝る時の姿勢として最も良いのは立ち姿勢に近い状態です。 人間は寝る時に、後頭部から首にかけての部分と敷き布団やベッドマットとの間に隙間が出来てしまいます。 その隙間を埋める役割を果たしているのが枕であり、人によって最も良い高さには違いがありますので、自分の体型に合った枕の高さを知る必要があります。 また、枕は安定感があるものの方が姿勢が保たれますのでおすすめです。 首の角度と敷き布団やベッドマットとの角度で最も良いのはおよそ5度だと言われており、頸部のすき間の深さについては1cmから6cmと、人によって大きく違いがあります。 もし自分が使っている枕が頸部のすき間の深さより高すぎる、若しくは低すぎるといった場合には、胸の筋肉、肩、首といった部分に負担が生じます。 呼吸ができにくくなるため、深い眠りにつくことができなくなってしまうのです。 ですから枕を選ぶときには、肩や首の負担を軽くするためにも頸部の隙間の深さに合わせるようにしましょう。 できれば弾力性があって頭をきちんと支えることのできるものが良いですね。 また、素材についてですが、寝ている時には発汗作用が働くため、放湿性や吸湿性に優れているものの方がおすすめです。 最後に、枕にはある程度の奥行きも必要になります。 なぜなら、寝返りをうった時に体が横向きになると、枕によって肩先から側頭部の全体を支える必要があるからです。 不眠症を改善するためにもこういったことに気を付けながら自分に合った枕選びをしてみましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

よく眠る寝具の条件

ベッドマットと敷き布団の選び方

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ