よく眠る寝具の条件

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

よく眠る寝具の条件

よく眠る寝具の条件のイメージ

誰もがゆっくりと深い睡眠をとりたいものですよね。 睡眠をしっかりととるためには、寝具選びも大切であり、寝具を選ぶためのポイントがいくつかあります。 不眠症にならないためにも寝具の選び方を学び、自分に合った寝具を使って快眠できるようにしましょう。 寝る姿勢ですが、寝る姿勢で一番良いのは立っている姿勢に近いということです。 立っている姿勢というのは最も体に負担が掛かりにくく、その上寝ている時にきちんと保温されているということが大切になります。 寝具によってこの2つのポイントが確立されているかどうかによって、睡眠の質が変わってくるのです。 人間には体内時計というものがあり、眠りを深くするために自然と体温が下がるようになっており、体の熱を外に出すようになっているのです。 つまり、発汗作用が働いているため、寝具は発汗した際にきちんと対応できるものでなければならないということになります。 つまり、保温性が高く、放湿性や吸湿性に優れたものがベストということになります。 寝床の環境はいつの季節においても大切ですが、特に冬になると寒くなってしまい、なかなか眠れないこともあるでしょう。 そういった時には、寝る前に毛布などを利用して温めておき、眠りやすくすると良いですね。 その他に、電気毛布や湯たんぽといったものもありますので、そういったものを利用するのもおすすめです。 人間というのは寝具が冷えていると、人間というのは体温が下がるのを防ごうとするのです。 それによって寝相が不自然になってしまい、眠りが浅くなってしまうことに繋がるのですね。 人によって快適だと感じる温度や湿度が異なりますし、季節によっても変わってきます。 一般的には、寝床内の温度は33℃で湿度は50%が良いと言われていますので、それを目安に保つようにしてみると不眠症が改善されるかもしれませんね。

あわせてよみたい不眠症の知識

快眠するためのテクニックとは

不眠症にならないための枕の高さ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ