ノンレム睡眠とレム睡眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ノンレム睡眠とレム睡眠

ノンレム睡眠とレム睡眠のイメージ

睡眠をとっている時には脳も休んでいると思うかもしれませんが、実際には眠っている時間の中には脳が働いている時間もあるのです。 人間の睡眠というのは、2種類から形成されていますが、それがレム睡眠とノンレム睡眠です。 脳派の活動が低下するのがノンレム睡眠ですが、これは更に4段階に分かれます。 段階は睡眠の深さによって分けられますが、一般的には段階3と4の深い睡眠から始まり、朝になるにつれて段階1と2という浅いノンレム睡眠に移っていきます。 朝になるにつれて睡眠に対する欲求が低くなっていくのはそのためです。 そして、眼球が素早く動くという事を英語で“Rapid Eye Movement”と言いますが、レム睡眠はその頭文字を取って付けられたものです。 人間の睡眠というのは、レム睡眠とノンレム睡眠がおよそ90分というサイクルで繰り返されます。 起きる時間に近づくにつれ、レム睡眠の時間が増えていき、自然と起きることができるのです。 高等生物は大脳皮質が発達しているため、睡眠の前半は日中に使った大脳皮質を冷やし、頭を休ませるために深いノンレム睡眠があらわれるのです。 エネルギーを節約するため、全身の筋肉がゆるみ、身体を休めることができるのがレム睡眠で、この時に脳波活動が活発になっているとよく夢を見ることに繋がります。 不眠症を防ぐためにも、レム睡眠とノンレム睡眠についての知識を身に付けることは大切かもしれませんね。

あわせてよみたい不眠症の知識

動物ごとに異なる睡眠の長さ

快眠するためのテクニックとは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ