動物ごとに異なる睡眠の長さ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

動物ごとに異なる睡眠の長さ

動物ごとに異なる睡眠の長さのイメージ

人間だけでなく、どんな動物であっても睡眠をとりますが、睡眠時間については動物によって違いが見られます。 睡眠時間に違いがあるということをご存知で無い方も多かったのではないでしょうか。 ネズミやコウモリといった動物は、運動量が多く、体が小さいにも関わらず消費するカロリーが大きい為、睡眠時間が長いと言われています。 また、睡眠時間が長い動物は他にも、ハリネズミやラット、ハムスター、アルマジロ、ヨザル、リス、そしてネコなどが居り、コウモリの場合には18時間、ヨザルは15時間、そしてマウスは12時間ほどだと言われています。 反対に睡眠時間が短いのは、ゾウ、ウマ、ウシ、ヤギ、ヒツジ、モルモット、キツネ、ウサギなどの動物だと言われています。 ゾウやウマは2時間、ウシ、ヤギ、ヒツジは3時間から4時間、モルモット、キツネ、ウサギは8時間で、人間はおよそ6時間だと言われています。 睡眠によって、エネルギーの消費を抑え、一番効率良く休養を行うことができます。 また、覚醒中には疲労が蓄積されますが、その疲労を回復するために睡眠をとることになります。 人間は年齢を重ねるにつれて消費カロリーは減少傾向にありますので、徐々に睡眠時間は短くなるのです。 高齢者は不眠症になることが多いと言われますが、年齢を重ねるにつれて深い睡眠時間が少なくなっていくというのが原因だと言われています。 そう考えると、不眠症に陥ってしまうのは仕方が無いと言えるかもしれませんが、予防方法があるのであれば実践して不眠症を防ぎたいものですね。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠を維持する生体機能

ノンレム睡眠とレム睡眠

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ