睡眠を維持する生体機能

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠を維持する生体機能

睡眠を維持する生体機能のイメージ

人間には体内時計というものがありますが、これは覚醒と睡眠を上手く調整するために必要不可欠です。 体内時計があることによって、生体機能のバランスを保つ事ができるのです。 日中というのはほとんどの人が何かしら動いていることになるかと思いますが、脳の温度は高く保たれるものであり、夜中は脳を冷やすために自然と体から熱を逃がすという熱放散というものが働きます。 毎日決まった時間になると、眠気が強くなることもあると思いますが、この時は熱放散をしており、急に脳が冷えているのです。 それと同時に、メラトニンという物質が分泌され、睡眠をとるようにと体に対して促すのです。 メラトニンは、体内時計のホルモンであり、こういった生体機能が働くことによって、健やかに、そして質が高い睡眠をとることができるのです。 朝に近づくにつれ、副腎皮質ホルモンという覚醒する働きをもつホルモンが分泌され、脳の温度も高まります。 こういったことから、私たちは自然と眠りにつき、また良い目覚めをすることができるということになります。 明るい照明を浴びていると、睡眠を促すメラトニンが分泌されなくなってしまい、眠りにつきにくくなってしまうという特徴があります。 ですから、寝る前には暗い部屋に居るようにし、メラトニンがきちんと分泌されるようにしましょう。 生体機能を十分に引き出し、良い睡眠をとるためには、こういったことに気を付けて不眠を予防する必要があります。 不眠症になったケースとして、夜中に長時間照明が強い部屋にいたり、ゲームやパソコンをしていたという事例もあるようです。 これはメラトニンの分泌を妨げてしまい、生体機能が正常に働かなかった結果ですので、そうならないように気を付けましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠欲求と覚醒力

動物ごとに異なる睡眠の長さ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ