睡眠欲求と覚醒力

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠欲求と覚醒力

睡眠欲求と覚醒力のイメージ

人間が眠気を感じたり、実際に睡眠をとるというのは、大きく分けて2つのことから成り立っています。 一つ目は体内時計による覚醒力であり、毎日決まった時間に覚醒力が強くなっていくのです。 睡眠の欲求に対して覚醒力の方が強いことにより、私たちは目覚め、活動することが出来ています。 覚醒力は、就寝する数時間前にいちばん強くなると言われており、覚醒力が強くなった後にメラトニンという物質が分泌されます。 そして、いざ睡眠をとった場合に段々と睡眠欲求が減っていき、十分な睡眠をとることによってその欲求はなくなるのです。 その欲求がなくなった時に、人間は目覚めるという仕組みになっています。 覚醒力は、就寝する時間の1時間から2時間ほど前に低下するものであり、就床時間になるとそれまで全く眠気を感じなかったとしても、急に眠くなるのです。 健康的な場合にはこういった覚醒力がありますが、覚醒力がない場合は睡眠欲求は徐々に強くなっていきます。 そうすると、午後になると眠気が強いため、集中力が低下し、日常生活に支障が出ることもあるのです。 そしてもう一つが、睡眠欲求です。 覚醒中に疲労が蓄積されることにより睡眠欲求が起こりますが、覚醒の時間が無ければ長いほど睡眠欲求は強くなります。 ですから、普段はあまり眠ることができないような時間でも、徹夜などによって長い時間起きている時には、深い睡眠をとることができるというものです。 こういったことは、不眠症を防ぐということにも繋がるかもしれませんので、頭に入れておきましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

眠りのメカニズムとは

睡眠を維持する生体機能

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ