睡眠状態誤認の症状と対処方法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠状態誤認の症状と対処方法

睡眠状態誤認の症状と対処方法のイメージ

不眠症の種類の中に「睡眠状態誤認」というものがあります。 この睡眠状態誤認は、実際は眠っている状態なのに本人は眠れない悩み持つ不眠症です。 不眠を訴える人の眠りの状態を“終夜睡眠ポリグラフ検査”などで調べると、入眠までの時間が15~20分以下、睡眠時間6時間半以上と客観的には不眠ではないケースがあります。 眠りに対する主観的評価と客観的評価にズレがあっても、本人が辛い状況なのは事実で、これを「睡眠状態誤認」、もしくは「仮性不眠症」、「睡眠心気症」と呼びます。 睡眠状態誤認の原因は現在、はっきりわかりません。 ただし、性格的に神経質で几帳面な人が自分の睡眠時間を過小評価するために起こるケースが多く、「精神生理性不眠症」と区別しづらいこともあります。 しかし、睡眠状態誤認だと、寝ていても十分眠れていないと感じるので精神面や身体面で大きな負担があります。 睡眠状態誤認の対処方法の1つが「精神療法」。自分の睡眠量は不十分ではないということを理解して納得させることです。 そして、眠れないと感じるのにはっきりとした夢を見ているのが原因な場合も。「睡眠中に脳は完全に活動を停止するわけではない」ことも認識させないといけません。

あわせてよみたい不眠症の知識

精神生理性不眠症を治療する方法

不眠症の種類は様々

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ