不眠症にあてはまる4種類の症状

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にあてはまる4種類の症状

不眠症にあてはまる4種類の症状のイメージ

不眠と不眠症が異なることを先に説明しましたが、そこであげた「入眠障害」、「中途覚醒」、「熟眠障害」、「早朝覚醒」について詳しく紹介します。 まず「入眠障害」は、ふとんに入っても寝つきが悪くてなかなか眠れない状態をさします。不眠を訴える人で最も多いケースです。一般的に、人間が眠るまでの時間は最低30分といわれています。30分を超えても眠れないとなると、心配事やストレスを抱えている可能性があります。 次に「中途覚醒」はというと、夜中に何度も目が覚めてしまうケースです。しかも、目が覚めてからなかなかもう一度寝つけないことも。特に、高齢者に多く見られる症状です。 また「熟眠障害」は、十分な睡眠時間をとったつもりでも熟睡できたという感覚がなくて、しかも心身の疲労もまったく回復できない状態をさします。 さらに「早朝覚醒」とは、朝早すぎる時間帯に起きてしまう、理想の起床時刻よりもずっと早く目覚めて、 まだ眠りたいのにそれ以降も眠れない状態。高齢者に多く、また若い世代でも中途覚醒と並び“うつ病”の初期症状に当てはまる場合もあります。 以上の4種類に当てはまる場合、早期に治さないとますます不眠症になってしまいかねません。

あわせてよみたい不眠症の知識

眠れなくなると

不眠症のレベル

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ