不眠症の4つのタイプ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の4つのタイプ

不眠症の4つのタイプのイメージ

不眠症は、誰でも体験したことがあるかと思います。眠ろうとしてもどうしても眠れない状況、たとえば、試験の前日や旅行先など心配ごとがあるなど、不眠になる原因はさまざまです。ただ通常、数日から数週間の内に、再び以前のように眠れるようになります。 一方、不眠の状態がまったく改善することなく、1か月以上続くことがあります。これが不眠症といわれています。 この不眠が続くと、日中、さまざまな身体の不調が見られるようになります。例えば、倦怠感、意欲低下、集中力低下、抑うつ、頭重、めまい、食欲不振など。 以上、長期間にわたって夜間の不眠が続き、しかも日中に精神や身体の不調を自覚しつつも生活の質が低下した場合、通常、不眠症であると診断されるでしょう。 ちなみに、不眠症には4つのタイプに大きく分けられます。 まず、寝つきの悪い「入眠障害」です。そして次に、眠りが浅くて夜中に途中で何度も目が覚める「中途覚醒」。また、早朝にどうしても目が覚めてしまう「早朝覚醒」。さらに、ある程度眠ってもグッスリ眠れた満足感が得られない「熟眠障害」です。 4つのタイプそれぞれに対応した不眠症への処置が必要になります。不眠といえども軽く考えず、あまりにひどい場合、専門医への相談をおすすめします。

あわせてよみたい不眠症の知識

ズバリ“不眠症”とは

不眠はいまや国民病

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ