不眠症の原因 その2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の原因 その2

不眠症の原因 その2のイメージ

不眠で悩んでいる日本人は非常に多いと言われていますが、その原因は人によって異なります。 今回は、どういった場合に不眠症だと診断されるのかご紹介していきましょう。 まず、刺激物や薬が原因で不眠症だと診断されることがあります。 日中に眠気を感じる薬というものもあり、抗ヒスタミン薬を飲むと眠気を感じてしまいますし、反対に覚醒作用のあるニコチン、カフェインというものもあります。 ニコチンはタバコに含まれていますし、カフェインは紅茶やコーヒーに含まれていますよね。 特に利尿作用があるカフェインですから、夜にカフェインを摂ってしまうと、トイレ覚醒が増える可能性があります。 また、抗がん剤や甲状腺製剤や降圧剤といったものも睡眠を妨げると言われているのです。 次にからだの病気ですが、心臓病や高血圧、腎臓病、発作や咳を伴う呼吸器疾患や頻尿などの症状を引き起こす前立腺肥大、関節リウマチや糖尿病、脳梗塞や脳出血、アレルギー疾患なども不眠をもたらすと言われています。 睡眠を伴い、四肢に対する異常運動や呼吸異常が現われる睡眠時無呼吸症候群やムズムズ脚症候群といったことも不眠症の原因となります。 こういった病気が原因で不眠症に陥っている場合には、病気を治すことが大切であり、病気が完治すれば自然と不眠症も改善されるでしょう。 時差ぼけや交代制勤務によって、体のリズムが崩れてしまい、不眠になるという方もいます。 本来人間は夜に睡眠をとるものですが、こういったことが原因で昼と夜の区別がつかなくなってしまうと睡眠のリズムが崩れてしまい、不眠になることがあるのです。 そして、環境が原因で不眠になることもあり、たとえば光や騒音、寝室の温度、湿度といったことが理由によって眠れなくなる方もいます。 このように、不眠症には様々な原因があるのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠になる原因 その1

安眠するための対処法 その1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ