眠れなくなると

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

眠れなくなると

眠れなくなるとのイメージ

眠れなくなると「不眠」だったり「不眠症」だったり・・・といった言葉をよく使うかと思います。しかし、不眠と不眠症、正確に言うと意味が違います。 まず、国際基準において「不眠症」とは、以下の3つの条件をすべて満たす場合を指すといわれています。 ・入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒のいずれかがある ・不眠の訴えが週2回以上、かつ1か月間以上継続している ・自ら苦痛を感じる、もしくは社会生活または職業的機能が妨げられている 一方、上の3つの条件をすべて満たさない場合が「不眠」となります。 不眠というと、例えば、上にある入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒のいずれかの症状が見られたとしても、その症状が週1回であれば「不眠症」の範囲には含まれないわけです。 そして、いったんは寝たけれどもなにかの物音で目を覚ましてしまってその後に眠れなかったり、昼寝をしようとしても眠れなかったり、といった一過性の症状に関しては、不眠症にあたりません。 英語では、不眠症を「insomnia」、不眠を「sleeplessness」となります。単語が異なるということは、その意味するものはまったく違いがあるということです。不眠症と不眠、似て非なるものと考えてもよいかもしれません。くれぐれもその違いに注意しましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

光欲による体内時計の調整も快眠の秘訣

不眠症にあてはまる4種類の症状

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ